ご予約・お問い合わせ

072-757-9810

[診察時間] 8〜12時/16〜18時
※水曜午後14〜18時 ※木曜、祝・日曜午後休診

お知らせ

2019.08.07 / ブログ

去勢・避妊手術の必要性

院長の山本です。

昨日から甲子園で高校野球が始まりましたね⚾

球児たちの熱い戦いを応援しましょう!

 

さて、ちょこちょこ飼い主様に聞かれる質問として

「去勢・避妊ってしたほうがいいの?」という内容についてお話いたします。

 

結論から申し上げると早めにしてあげたほうが良いです。

 

去勢・避妊のメリット・デメリットを以下に示します。

<メリット>

オスの場合(去勢手術)

・マーキング行動の抑制

・性ホルモンに関係した病気の予防

特に前立腺肥大や精巣腫瘍、会陰ヘルニアは緊急手術となる場合があり、予防が重要です!

メスの場合(避妊手術)

・望まれない妊娠の予防

・性ホルモンに関わる病気の予防

子宮蓄膿症は緊急手術が必要です⚠子宮をあらかじめ摘出しておくと罹患することはありません。

乳腺腫瘍は犬では半数、猫では9割が悪性です!

生後6ヶ月で避妊手術を受けておくと9割の確率で乳腺腫瘍を発症リスクを下げることができます。

・糖尿病の発症率の低下

 

<デメリット>

オスメスともに

・手術(全身麻酔)が必要

・太りやすくなる

 

以上となります。

見ていただいたら一目瞭然ですが、メリットのほうがはるかに多いということがわかっていただけるかと思います。

特に女の子の避妊手術は子どもをつくる予定がなければガンの発生を予防できますので早期に受けさせてあげましょう!

 

当院ではいずれの手術も基本的に日帰りで受けていただくことができます。

費用については直接お問い合わせください。

一度も来院歴のない子については一度診察を受けていただいてから手術日程を決定いたします。

 

「若い時に手術を受けさせておけばよかった」とならないよう手術の必要性についての認識が広がればいいなと思います😄

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜

一覧へ