ご予約・お問い合わせ

072-757-9810

[診察時間] 8〜12時/16〜18時
※水曜午後14〜18時 ※木曜、祝・日曜午後休診

お知らせ

2019.08.28

フードのお取り寄せについて🍖🍚

院長の山本です。

ここ数日は暑さも和らいできましたが、雨ですね〜☂

 

さて、いよいよ10月から消費税増税となります!

動物病院での診療や物品販売についてはすべて10%となります。

 

普段から療法食を与えている子については食費が上がってしまいます。。。

そのため、9月中にフードの期限などを確認し、ある程度まとめて購入いただいても結構です😄

しかし、フードの購入先の業者の在庫にも限りがございますので、

まとめ買いをご希望の飼い主様は9月20日ごろまでを目安にご注文ください!

また、9月中にご注文いただいてもお支払いが10月になった場合は消費税10%での計算となりますので、

余裕をもってご連絡ください☆

 

また、シャンプーやデンタル商品などもまとめてご購入いただけます♪

お薬はその子の状態によって変わる可能性がございますので、まとめ買いはしていただくことができません。ご了承ください。

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜

2019.08.10

☀️夏の健康診断のご案内☀️

院長の山本です。

今日は自転車で通勤しましたが、病院に到着した途端に滝のような汗をかいてしまいました💦

皆様も今日も熱中症対策はしっかりしましょう!

 

さて、タイトルにもあるようにこの夏の期間限定で健康診断血液検査がまたまた割引となります!

検査会社さんのご厚意に感謝です☺

 

通常、9,000円ほどかかる検査内容(生化学検査18項目+電解質検査)を

 

なんと!

 

4,000円です!!

 

なんか通販のCMみたいなフレーズになってしまいましたが、確実にお得な検査内容となっております☆

春の健診内容並みのキャンペーンです♪

 

✨本日8月9日〜9月中旬までの約1ヶ月限定となります✨

 

特に7歳以上の子は年2回の健康診断が推奨されておりますので、

この機会に健康診断血液検査を受けて、病気の早期発見・早期治療ができるようにしてあげましょう⤴⤴

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜

2019.08.09

✨スタッフ(動物看護師)募集しております✨

院長の山本です。

連日の暑さで夏バテしそうですね💦

自慢ではないですが、私は夏バテしたという経験がありません!

夏の方が比較的体調が良いタイプです!笑

でも熱中症はとても気をつけて、マメに水分補給をしています🥛

 

さて、当院ではこの暑さにも負けずバリバリ診察を行なっております!

しかし!スタッフが足りません。。

そのため、当院ではスタッフ(動物看護師)を絶賛募集中です!!

 

・この仕事において夢や目標を持っている方!

・一旦この仕事から離れたけど、また働きたくなった(働けるようになった)方!

・さらなるスキルアップに新天地でチャレンジしたい方!

・もちろん来年動物看護学校や大学を卒業の方も!

 

皆様の働く意欲に全力で答えていきたいと考えております💪

興味を持っていただきましたらお気軽にお電話もしくは当院ホームページにあるメールアドレスにご連絡ください☆

 

当院は皮膚科、眼科に力を入れておりますので、

皮膚病の管理や、眼科の病気について学んでいただける機会も多くあります。

小さな動物病院ですが、一次診療としてできることを精一杯行なっていきたいと考えております!

当院で一緒に新しい動物病院をつくっていきましょう!

よろしくお願いいたします。

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜

2019.08.07

去勢・避妊手術の必要性

院長の山本です。

昨日から甲子園で高校野球が始まりましたね⚾

球児たちの熱い戦いを応援しましょう!

 

さて、ちょこちょこ飼い主様に聞かれる質問として

「去勢・避妊ってしたほうがいいの?」という内容についてお話いたします。

 

結論から申し上げると早めにしてあげたほうが良いです。

 

去勢・避妊のメリット・デメリットを以下に示します。

<メリット>

オスの場合(去勢手術)

・マーキング行動の抑制

・性ホルモンに関係した病気の予防

特に前立腺肥大や精巣腫瘍、会陰ヘルニアは緊急手術となる場合があり、予防が重要です!

メスの場合(避妊手術)

・望まれない妊娠の予防

・性ホルモンに関わる病気の予防

子宮蓄膿症は緊急手術が必要です⚠子宮をあらかじめ摘出しておくと罹患することはありません。

乳腺腫瘍は犬では半数、猫では9割が悪性です!

生後6ヶ月で避妊手術を受けておくと9割の確率で乳腺腫瘍を発症リスクを下げることができます。

・糖尿病の発症率の低下

 

<デメリット>

オスメスともに

・手術(全身麻酔)が必要

・太りやすくなる

 

以上となります。

見ていただいたら一目瞭然ですが、メリットのほうがはるかに多いということがわかっていただけるかと思います。

特に女の子の避妊手術は子どもをつくる予定がなければガンの発生を予防できますので早期に受けさせてあげましょう!

 

当院ではいずれの手術も基本的に日帰りで受けていただくことができます。

費用については直接お問い合わせください。

一度も来院歴のない子については一度診察を受けていただいてから手術日程を決定いたします。

 

「若い時に手術を受けさせておけばよかった」とならないよう手術の必要性についての認識が広がればいいなと思います😄

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜

2019.08.06

お盆の診療時間について

院長の山本です。

暑いですね〜💦暑いしか言葉が出てこないです😓

でも今日から久しぶりに自転車通勤を再開しました🚲

少しでも運動不足を解消したいと思います!!

 

さて、お盆の診療時間についてのお問い合わせがよくありますのでお知らせいたします。

 

当院は特別なお盆休みはありません🌟

12日(月、祝)は祝日のため午前診療のみ

17日(土)は猪名川花火大会のため午前診療のみ

お盆期間の通常の診察時間と異なる日は以上となります。

 

お盆の帰省中に体調が悪くなってしまった時にも当院で対応いたしますので、ご相談ください😄

持病で治療中の子は普段の内服や検査結果をお持ちいただくと参考になりますので、ご持参ください。

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜

2019.08.03

セミナーに参加してきました!

院長の山本です☀

連日猛暑が続いておりますが、皆様体調はおかわりないでしょうか?💦

 

昨日、一昨日とセミナーに参加してきました!

一昨日は定期的に行なっている皮膚科の先生方との勉強会でした。

今回のテーマは「膿皮症」でした。

膿皮症とはいわゆる細菌性皮膚炎のことです。

原因菌のほとんどはブドウ球菌という健常な皮膚にも存在する菌が何かしらの皮膚トラブルを原因として

皮膚の中に入り、炎症を引き起こすことで発症します。

わんちゃんの皮膚炎の中で膿皮症はよく一般的に認められます。

基本的には抗生物質や外用消毒剤などによって治療を行いますが、

近年では抗生物質に対する抵抗性のある「薬剤耐性菌」が問題視されています!

これはヒトの医療でも重要で、今後我々は細菌に対して抗生物質が全く使えない(効かない)という状況が出てしまう可能性が懸念されています。

そのため、ヒトの医療では抗生物質の乱用を防ぐガイドラインなども作成されております。

しかし、獣医療では残念ながらあまり認知されていないのが現状なのです。。。

我々皮膚科医はその薬剤耐性菌対策として適切な抗生物質を適切な用量・投与期間を使用するようにしております。

また、軽度の膿皮症であればなるべく内服の抗生物質は使わず、外用療法(塗り薬)を使用するようにします。

皮膚炎で長い期間抗生物質を使用している場合にはかなり注意が必要ですので、

気になる飼い主様は当院までご相談ください☆

 

そして、昨日は夜に同じ川西市内の動物病院さんで行われたセミナーにお邪魔してきました。

内容としては膵炎に対する治療薬に関するお話でした。

膵炎(特に急性期)は食欲不振、嘔吐、腹痛といった症状が認められ、治療が遅れると死にいたる可能性のある疾患です。

その悪化原因は自身の炎症細胞が膵臓だけでなく他の臓器にも炎症を連鎖的に引き起こすことで多臓器不全に陥ってしまうからです。

多臓器不全になってしまうと助からなくなってしまうため、その前に炎症をなんとかしなければなりません!

そこで近年新薬が発売されました!

その新薬によって今まで治療の難しかった炎症のコントロールがよりスムーズに改善されることが期待されます♪

新薬が出たと言っても治療が遅れると救えない可能性もございますので、

わんちゃんねこちゃんの嘔吐や食欲不振などの症状が認められる場合には早めの受診をお願いいたします!!

 

今回はこの2つ内容を勉強してきました😄

より良い医療を患者様に提供できるよう今後も積極的に勉強会やセミナーに参加したいと思います!

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜