ご予約・お問い合わせ

072-757-9810

[診察時間] 8〜12時/16〜18時
※水曜午後14〜18時 ※木曜、祝・日曜午後休診

お知らせ

2018.12.05 / ブログ

猫さんの冬に多い病気 〜尿石症〜

おはようございます☀院長の山本です。

本日も通常通り診察しております。

 

今日は冬に多い猫さんの病気についてお話します。

猫さんは体質上、泌尿器の疾患が多く発生します。

特に冬に発生する病気としては「尿石症」が重要な疾患となります。

冬は飲水量が減ることで尿量も減少し、膀胱内で結石ができてしまうケースがあります。

 

・おしっこの回数が多くなった

・おしっこの色が変わった

・一回の尿量が少ない

 

このような症状がありましたら早めに来院をお願いします。

 

特に危険なのは、

おしっこの体勢になってもほとんどおしっこが出ていない

という症状です。

 

これはオス猫さんに多いのですが、結石や膀胱炎の炎症産物がペニスに詰まってしまうことで、

おしっこを出したくても出せない

という状態になっている可能性があります。

これは尿道閉塞といい、一刻も早く閉塞を解除してあげないと腎不全に陥り、死んでしまいます!!

 

健康診断として尿検査を受けていただくこともできますので、猫さんが快適に冬を過ごせるように尿石症に注意してあげてください🌟

 

〜川西市・猪名川町・宝塚市・池田市・能勢町の動物病院なら川西池田いぬとねこの病院へ〜

一覧へ